衝車の使い方 その1

衝車(投石)の使い方のテクニックです。

衝車や投石などの攻城兵器は拠点(砦、村、城)を破壊できる唯一の兵器ですから、対人戦でこれらがないと、「勝てない」を意味します。負けもしませんけど。

ということで衝車を使った攻撃の仕方はいくつかパターンかありますので書いておきます。

■兵士(露払い)と攻城兵器をわける攻め方
攻城兵器は兵士に対しては超絶に弱いです。剣兵100に衝車300が溶かされたりします。
なのでまず相手の兵士を掃討してから攻城兵器を突っ込ませる方法です。

ポイントは、2部隊送ることになりますので、この2部隊の着弾間隔を限りなく無くすことです。
兵士着弾と攻城兵器着弾の間隔を可能であれば3秒以内にしてください。

なぜこんなことをするかというと、敵に、初弾の兵士着弾時に、防衛の兵力を横の領地に援軍(避難)に出しておいてスルーして、攻城兵器着弾前に兵士を戻して攻城兵器だけ迎撃、という手段を使わせないためです。その名も「差し込み防衛」。
2部隊の間隔が10秒以上あれば、結構簡単にできる防衛方法です。

一人で攻撃する場合は、自分で調整すればOKですが、同盟で動く場合はこの着弾時間の差をできるだけ短くするために細かな連携が必要です。

●兵士しかもってない人
相手拠点に向けて発射したら、正確な着弾時間を掲示板に書きましょう。

逆に誰か味方が攻城兵器を既に発射していたら、その着弾時間直前にに着弾するよう
敵拠点の兵士を掃討(お掃除♪)をして支援しましょう。

●攻城兵器をもっている人
遠距離からの兵士着弾時間を見て、その直後(できれば3秒以内)に着弾するように
攻城兵器を発射しましょう。念には念を入れて兵士も随行するように。

■兵士と攻城兵器をまとめて突っ込む攻め方
この方法だと、攻城兵器が戦闘に巻き込まれるため、ある程度破壊されます。
ですので、できるだけ巻き込まれないよう、圧倒的大差の兵力がある場合に使う攻め方です。
目安は5倍です。

敵の兵力が剣兵300だとすれば、こちらは剣1500と衝車300などで突っ込みます。
それでも衝車は50台くらい壊れますが、拠点の耐久を250は削れます。


■兵士も攻城兵器もあんまりもってない人

とにかく貯めてください。貯まるまでにできることは、衝車のブラフ発射です。

カス武将と衝車1の部隊を目標となっている拠点に打発射しましょう。
(弓1と孟獲の蛮族の襲撃で衝車と同じ速度3になりますので、こちらでもOK)

敵は、移動速度の遅さから「こ、これは衝車部隊だ!まずい落とされる!」と思って、篭城したり、あわててくれます。
最初に書いた差し込みでの迎撃もしにくくなります。どれが主力部隊でどれがブラフか、判別できませんからね。

篭城すると敵は兵士の出兵作業ができなくなります。つまりその間に領地の削りあいで有利にたてるのです。
ね、ブラフも結構使えるのです。

他のブラ三攻略サイトが多いランキング⇒ブラウザ三国志・攻略ブログ

関連記事かも?

以下のランキングにはそんなにブラ三ブログ無いです。気がむいたらクリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログへ






コメントする

(公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Powered by WordPress | Designed by: Free WordPress Themes | Thanks to wordpress themes free, Download Premium WordPress Themes and